控え目にお喋りする子供と冷めた夕飯

画家を見た目だけで侮ってはならない

雑誌とかのインタビューで、「絵描き」のことについて尋ねられたとしたら、あなたはどう答える?「不運」は、人それぞれで受け止め方が全然違うなのかもしれない。

TOP PAGE >

□気分良く吠える姉妹と俺

いつも、部屋で個人で行えるような業務をして、忙しい時期など声があると派遣先に仕事に出る。
たった、何回かだけど、まじで面倒くさく感じてしまう。
こんなに面倒なら引き受けるの辞めてしまおうとか。
行くと張り切るけど、多くのメンバーにはさまれて、プロジェクトで仕事を行うのは大変だ。
そう母に持ちかけると、言いたいことは理解できるけど、など豪快に笑っていた。

息絶え絶えで踊る妹とファミレス
短大を卒業して、入社して多くの仲間に囲まれて雇われていた。
しかし、年数がたつにつれて、誰かと一緒に働くのが無理だと実感した。
業務の時間が長い上に、チームプレイで進めるので、どうしても噂話が多い。
噂話を楽しめれば世渡り上手になれるのかもしれない。
しかし、どうでもいいとしか思えないのだ。
その上、ペースがスローな人に合わせて進めるという辛抱ができない、早い人に合わせられない。
普通は、努力が足りない!と感じるだろうが、母にはそういう運命だと言われた。

□凍えそうな休日の昼はひっそりと

久しぶりに、麻衣子と明日香とツアーに行きました。
2人とも、私の大学の同級生で、一緒に学んだ仲間です。
しかも、勉強していたのが国際観光と英検だったので、観光地巡りが、趣味だという学生たちであふれていました。
とくに、明日香と麻衣子を含む気の合う6人で色んな県へ旅をした思い出は懐かしい。
私は元々それほど仲のいい友達が多い方でもないし、それで十分だと思っています。
だから、とてもうれしかったけれど、横で麻衣子が満足そうな顔をしてくれたのもポイントでした。

ぽかぽかした月曜の夕方は焼酎を
近頃、腹の脂肪を減らさないとと考え腹筋をしている。
自分の子供を自らのお腹にしがみつかせて数を数えながら筋トレを行っていたら、家族とのふれあいにもなって、しゃべりだしの子供も数を習得するし、自らのひどい脂肪も落ちるし、いいことずくめだとばかり思っていたけれど、最初のうちは、喜んでいた2歳の娘もすぐにあきてしまった。

□よく晴れた大安の午前は座ったままで

季節の中で、雨の多い梅雨の時期が好きだ。
空気はじめじめするし、外に出れば濡れるけど。
一つの理由として、幼いころに、梅雨に見られる紫陽花がきれいで、それ以来この花を楽しみにしている。
九州長崎の出島で付き合っていた、シーボルトと瀧の紫陽を見ながらのデートの話を知っているだろうか。
オランダ人に紛れて来日した、医師のシーボルトが、紫陽花を見て「お瀧さんと同じくらい美しい花だ」と言ったそうだ。
雨の日にけなげに咲く紫陽花を目にして何度も、お瀧さん、お瀧さんと口走った。
そのうち訛って、紫陽花はおた草と異名を呼ばれるようにもなったらしい。

暑い平日の昼は料理を
暑い季節っぽいことを特別やっていないが、友人と週末、コテージをかりてBBQをする。
毎年の定番だけれど、まれに、息抜きになる。
男が少人数なので、たいそう色々と準備をしないといけない。
特に、炭の準備が、女性だと不得意な人がけっこういるので、頑張らないと。
そうは言ってもたぶん皆でお酒をがぶがぶ飲むその時は、ワインをほどほどにするように注意しよう。

□怒って跳ねるあなたと突風

花火の季節だけれど、住んでいる場所が、行楽地で毎週夜に、花火が上がっているので、すでにうんざりしてしまって、新鮮さも感じなくなった。
毎週末、打ち上げ花火をあげているので、文句もわんさかあるらしい。
私の、住居でもドンという花火の音がうるさくて子がパニックで涙を流している。
夏の季節に数回ならいいが、夏の間、毎週末、長い時間、音がなっていては、うざい。
早く花火が上がらなくなればいいのにと思う。

陽気に走るあいつと壊れた自動販売機
身体検査は、毎度なぜか引っかかる。
心音だったり、数値だったり、尿だったり。
胃の検査を発泡剤とバリウムを飲んで受けてみて、健診結果がくると、胃がんの疑いがあり、即座に、診断を下記の病院にて受けてください。
と書きつけてあったのには、あせった。
あせったそして、心ぼそかった。
早急に評判の良い病院に胃の再検査に原付で行ったら、ただの胃炎だった。
胃は元々苦痛があったので、定期的な診断に引っ掛かったのはわかるが、文言で名前とがんの疑惑があると書き記してあったら心配だった。

□熱中して熱弁する姉ちゃんと気の抜けたコーラ

アパレル店員さんって大変・・・など考えるのは私だけだろうか。
出勤の度に、職業柄しっかりコーディネイトしないと店のイメージが悪くなる。
私なんて、会社で仕事する時はスーツを着ればいいし、化粧だって簡単でそれでよし。
遊びに行くときは、自分でお気に入りの服装を選べばいいし、家で働くときはスウェットでもできる。
なので、きっと、服を売るなんて商売には、向かないと思う。
服を選んでいると、店員さんがやってきて、服の説明や合わせ方を語ってくれる。
毎回それに怖くなり、買わないで去ってしまう。
こういった部分も、店員さんって出来なさそうと思う事の大きな理由の一つだ。

どんよりした大安の早朝はビールを
日本は、たくさんの祭りが存在するだろう。
実際に確認したことはないけど、とても良く知っているお祭りは、秩父夜祭で、別名、冬祭りがある。
立派な彫刻を彫った、笠鉾と屋台の合計6基。
お祭り会館を観光した際に、ビデオや実物大の物を見ることができた。
寒い冬に開かれるので、冬祭りとも呼ぶようだ。
現在進行形で見てみたいお祭りの一個である。
逆に、夏に開かれているのは、福岡県福岡市のほうじょうえが有名で、生きている者の殺生を制限する祭事。
大昔は、この祭りの開催されている間は、漁業もしてはいけなかったとの事。
トラディショナルな祭事も重要だが、私はりんごあめも同じくらい大好きである。

□サイトメニュー


□サイトメニュー


Copyright (C) 2015 画家を見た目だけで侮ってはならない All Rights Reserved.
top