雨が上がった休日の午前は窓から

画家を見た目だけで侮ってはならない

雑誌とかのアンケートとかで、「おむすび」のことを尋ねられたとしたら、君はなんと言う?「つむじ風」って、人それぞれで感じ方が違うかもね。

TOP PAGE >

□無我夢中でお喋りする妹と公園の噴水

見とれるくらい素敵な人に出くわしたことがありますか?
実は一度ありました。
バスの中で若い女性。
女性の私ですが、ときめいてしまいました。
どれだけスキンケアをしているか、という自分の努力もあると思います。
しかし、本人からにじみ出るオーラはたぶん存在しますよね。
なかなか魅力的な方が多くいるんだなーと感じました。

息絶え絶えでダンスするあいつとわたし
前に凄く肥満体型だった時代に、絶対食べたくなったのがシュガートーストだ。
その上、夕飯の後に2枚くらい食べた時期もあった。
最悪なことに並行して、ハッシュドポテトにまで取りつかれてしまい肥満の道へワープだった自分。
トライした痩身法が無理のあるものばかりだ。
一つは、スープダイエット。
これは2週間程同じレシピのスープのみの食事だ。
仕事先にも水筒に入れて持って行ったという徹底さ。
次が葱を夜ごはんに置き換えるというダイエット。
さすがに、今はできない。
その後、2年ほどで食生活を気にするようになると、あっという間に元に戻った。
とにかくコツコツとするのがベスト。

□ぽかぽかした仏滅の夜明けに焼酎を

石田衣良さんという小説家に魅せられたのは、友達の愛ちゃんの家で。
「愛がいない部屋」と題した短編ストーリーが詰まった小説が机に置いてあったから。
古里の福島の愛ちゃんのママが読んでいたものだそうで、その後野菜や衣類と一緒に箱詰めにして宅配便で送ってくれたという。
当時はまだそこまで名前の知れていなかった石田衣良さん。
彼女は元々手記や経済、マナー本などは買う。
反対に、所謂ノベルは読む気がしないそうで、この本を私にくれた。
彼女の母は何を考えながら、愛がいない部屋を手に取ったのだろう。

陽気に体操する兄弟と観光地
夏休みで催し物がとっても多くなり、このところ、夜間にも人の通行、車の行き来が非常に多い。
農村の奥まった場所なので、平素は、晩、人の通行も車の通りもそれほどないが、打ち上げ花火や灯ろう流しなどがされていて、人の通行や車の通りが非常に多い。
通常の静寂な夜半が妨げられていささか騒々しいことがうざいが、日ごろ、エネルギーが少ない地方が活気があるようにうつるのもまあいいのではないか。
周りは、街灯も存在しなくて、暗夜なのだが、人通り、車の往来があって、活況があると明るく思える。

□控え目に話す弟と擦り切れたミサンガ

知佳子はAさんが大好きだと感じられる。
Aさんも知佳子の事を大事にしている。
Aさんが出張に行くときは、知佳子も絶対行くし、今回は私も一日目だけ一緒に行った。
2人は私を同じニックネームで呼ぶし、何をするにも、一番に、私に聞いてくれる。
なんとなしに気にかけてくれている感じがしてかなり心地が良いと思った。

じめじめした休日の日没にゆっくりと
チカコと天神のAbercrombie & Fitchに向かった。
心からアバクロンビーの洋服のデザインが気に入っている。
それに、お店の中のデザインと、この匂いが。
3時間程度ひやかして、アバクロンビー&フィッチを出た。
気付いたら、自分が通路を占領して歩いていたので、ごめんなさい!と言い振り返る。
見ると、店に来ていた兄さん。
笑って、いえいえ、など言っていた。
注目したのは、そのショップ袋。
Abercrombieでどれだけ購入したの?と疑問が生まれた。
そして、スターバックスでちかことその男の人の収入予測で議論をした。
答えは永遠の謎だ。

□どんよりした祝日の夕方は熱燗を

頼みこまれて、密集したモウソウダケの除去を助太刀していたが、竹が非常に密集していてつらかった。
山の持ち主が山の管理を両親から継承して、竹が密度がぎっしりとして、手入れのしようがなかったそうだ。
私は、仕事で使うモウソウダケが欲しかったので、もらえるとなり、ちょうど良かったが、竹やぶになった里山から運び出すのもひどかった。

雨が降る平日の朝にシャワーを
明日香は、大学で一番に親しくなった親友だ。
明日香ちゃんのプラスポイントは、たいていの事は見逃すし、細かい事はどうでもいいという寛大さ。
私の方から、今日から友達になろうと話かけたそうだが、記憶にないけど、そうだと思う。
一緒に過ごせば、悩みなんかも単純化されるので、とってもほっとする。
細身でスキニーなのに夜中にハンバーガーを注文しに行ったりするという。

□泣きながら大声を出す父さんと気の抜けたコーラ

エクセルシオールでもマックカフェでもどこに入っても美味しいコーヒーを飲める。
もちろん、どこかでインスタントを入れてもいいし、自動販売機で買う缶コーヒーでも。
私が好きなのがスターバックスだ。
共通して禁煙と言うのは、タバコの嫌いな私にとってポイントだ。
よって、コーヒーの香りを楽しむことができる。
値段もそこそこだが、美味しい豆が使用されているのでグルメにはたまらないだろう。
甘い物が好きなので毎回コーヒーと、ついついスイーツなど頼んでしまうという落とし穴もある。

そよ風の吹く祝日の晩は焼酎を
私の息子がマルモダンスをまねしている。
私と妻は教えていないけれど、3歳だけど一生懸命まねしている。
どこかでマルモのメロディが流れると、録画した映像を見ると主張して泣く。
録画したものを流すと止まることなくずっと休むことなく見ている。
親なので、テレビの映像を見続けるよりは本を見たり、おもちゃで遊んだりしているのがいいと思うけれど、忙しい時はテレビなどにたよってしまう。
少しでも、いっしょに遊んであげたり、本を読んであげたりしようと思う考えている。
大きくなったら必ず離れていくものだから、今のうちに遊んでおくのも自分の為だ。

□サイトメニュー


□サイトメニュー


Copyright (C) 2015 画家を見た目だけで侮ってはならない All Rights Reserved.
top